やっぱり問題はキャスティング!?

HOME > 実写版『進撃の巨人』の評価

実写版『進撃の巨人』の評価

みなさんもう実写版『進撃の巨人は』ご覧になられたでしょうか?

私の周りにはほぼ進撃の映画を“よかった”と言っている人は残念ながらおりません。

比較的原作を読んでいないひとは、前編をみて“まあまあ”と評価しているようでしたが、後編を見ると“見る価値なし”と言っている人が多いのが目立ちましたヽ(;´ω`)ノ

やっぱりちょっと、日本の映画作製力で進撃の巨人を実写化するのには無理があったようですね。

それから世間で騒がれているのがミスキャスト。

特にミカサ役を演じた水原希子さんに批判の声が集中している気がします。

原作では登場人物のほとんどが外国人で、ミカサだけが東洋人の末裔という設定なのに、映画版では出演者が日本人でミカサ役の水原希子さんだけハーフだったから気持ちもわかりますσ(^_^;)

しかし何気に見た目的にも(髪型とか・・・)、東洋人と欧米人のハーフであるところなんかも、一番原作の設定に近かったのはミカサ役の水原希子さんでは??って気もするんですけどね(;´▽`A``

リヴァイ兵長コスプレカラコンまとめ♪TOPへ!!

PAGE TOP